安全対策

安全教育の実施

点呼・荷役作業・車両点検などの業務に関わる法令遵守は無論のこと、「安全と健康」の可能性や重要性を社員自らが認識し、 高めるための定期的な安全会議や、安全な運転の基本を身につけるための実技指導教育、初任運転者教育等、各種教育を定期的に行うことで事故防止に努めています。

安全会議 実技指導
安全会議
ドライブレコーダーの映像を活用した、KYT(危険予知トレーニング)や、各種法令の教育を行い、物流のプロとして「安全」の最優先を徹底致します。
実技指導教育の実施
トラックの運転席からの死角体験指導や、乗用車から見たトラックの圧迫体験、トラック運転技術指導等、必要な知識・技術を習得します。
リフトの安全教育 安全推進指導者
リフトの安全教育
フォークリフトの基本操作を定期的に確認・訓練し、不安全動作の無い安全な荷役作業を徹底することで社内事故の防止につなげる取り組みを行っています。
安全推進指導者
外部研修により、自動車事故防止の適切な指導を行うことのできる知識と能力を習得した社員を「安全推進指導者」として各事業所に配置し、安全指導・推進を行うことにより、安心かつ質の高い物流サービスを提供します。

初任運転者教育の実施



 教育内容には、
・事業用自動車の安全な運転に関する基本的な事項を理解させる。
・事業用自動車の構造の特性と日常点検方法を理解させる。
・交通事故を防止するために留意すべき事項を指導する。
・危険の予測及び回避を指導する。
 ≪教育資料:安全運転手帳≫
・安全運転の実技指導を行う。
 ≪添乗教育の指針:添乗教育チェックシート≫
 などがあります。



その他様々な安全教育を行っています。

 対策内容