安全対策

車両安全確保

 衝突防止補助システムをはじめとする各種安全設備を導入することで、交通事故を未然に防ぐとともに事故を起こしにくい企業体質を目指しています。

 衝突防止補助システム
モービルアイモービルアイ
 車両のフロントガラスに取り付けたカメラが
 前方車両、歩行者、オートバイ、車線を検知。
 車間距離が短すぎる時、ふらつき運転時、前方車両への急接近時など
 危険運転を常に捉えます。
 衝突の危険が迫ると未然にアイコン表示とブザー音による警報を出します。

 ドライブレコーダー
ドライブレコーダー
 車に衝撃(事故発生時、急ブレーキ時など)が加わると、
 その前後の映像を自動的に記録する事ができます。

 バックアイカメラ
バックアイカメラ
 バック時に車両後方を運転席のモニターで確認できます。

 アルコールチェッカー
アルコールチェッカー
<営業所設置タイプ>
 呼気中のアルコール成分にのみ反応します。 超高精度のアルコール濃度を測定できます。
アルコールチェッカー

<アルキラー>
スマートフォンに接続するタイプで、アルコール成分だけでなく、カメラを使うことによって使用者の顔も確認できます。

 社内整備工場
車両整備工場
 トラックの点検・修理を行う整備工場を社内に設置することで、
 常に車両の状態を確実に点検・整備し、法令に基づいた安全性確保の徹底に繋げています。

 対策内容